Pick up

雑記

不連続な日常のドアをノックする

実に2ヶ月半ぶりの投稿。 世の中がコロナ一色の中,幸いにも罹患せず粛々とテレワークの毎日。 今日は,死亡リスクもある恐ろしい病気を発症していないことを幸いとしながらも,強烈に影響された生活リズムを起因として更なる幸運として新たに獲得したものもあるという話。 災い転じて福となす。 転んでもただでは起きぬ。 もしくは,やや斜に構えてパンドラの箱。 日常というものは,素直に考えれば一つの平衡状態である。…

技術ノート

【お知らせ】サイトドメインを変更しました(ayijk → ukaznil)

どうもayijkです。 どうもukaznilです。 タイトルの通りですが,この度本サイトのドメインを変更しましたので,お知らせです。 また,サイトドメインの変更に伴い,私のデベロッパ名も順次”ayijk”を廃して“ukaznil”に寄せていく予定です。 経緯:ayijkの場合 そもそも以前は”zienoc”などと名乗ることが多…

傑作のすすめ:『とある飛空士への追憶』

先日いきなり思い立って,『とある飛空士への恋歌』(全5巻)というライトノベルを読み直しました。 全5巻のシリーズで,恋と空戦を扱う名作です。ちょっと前にアニメ化もされました。 『恋歌』完結後は『とある飛空士への夜想曲』『とある飛空士への誓約』と続くのですが,このいわゆる「飛空士」シリーズの第一作となるのが,『とある飛空士への追憶』(全1巻)という紛れもない傑作です。 冒頭述べたように『恋歌』を読み…

雑記

うかつに愛を語りたい人々へ。——エストポリスに愛を込めて——

突然ですが,「エストポリス伝記」もしくは「エストポリス伝記Ⅱ」というゲームに聞き覚えのある人はいるでしょうか。 1作目が1993年,2作目が1995年にそれぞれ発売された,今懐かしきスーパーファミコン用RPGです。 残念ながら当時としてはそれほどのヒット作とはならなかったのですが,今では「隠れた名作」として取り上げられることも多いRPGです。 発売から20年あまりが経過した2016年現在にあって,…