イベントレポート:Kotlin & Android Studio 3.0|KotlinのLT大会に登壇します

どうもayijkです。
ようやく研修も終わり,何だかんだで忙しく日々を過ごしていたらすっかりブログの更新が滞ってしまいました。
エンジニアたるものブログを書かないでどうすると以前の勉強会で学んだのですが,ともすれば忙しさにかまけてしまう情けない私なのでした。

さて,7/24(月)は久しぶりに勉強会に参加してきました。
明日の仕事のパフォーマンスを確保するため省エネモードでのレポートになりますが,簡単に振り返ってみることにします。

イベント概要

今日参加してきた勉強会は,「日本Androidの会」と「日本Kotlinユーザグループ」共催の「Kotlin & Android Studio 3.0」なる勉強会。共催らしく,connpassにおける募集もそれぞれ100名×2という大規模なイベントです。

2017年7月定例会「Kotlin & Android Studio 3.0」 (2017/07/24 19:00〜)
# 概要 ## 2017年7月定例会「Kotlin & Android Studio 3.0」 日本Androidの会と日本Kotlinユーザグループで共同開催する勉強会です。Kotlinの魅力とAndroid Studio3.0についてこれから勉強する方も含めて技術に最初に触れるのに適したイベントです。 ### 日時...
【日本Androidの会共催】Kotlin & Android Studio 3.0 (2017/07/24 19:00〜)
# 概要 ## 2017年7月定例会「Kotlin & Android Studio 3.0」 日本Androidの会と日本Kotlinユーザグループで共同開催する勉強会です。Kotlinの魅力とAndroid Studio3.0についてこれから勉強する方も含めて技術に最初に触れるのに適したイベントです。 ### 日時...
開催会場は飯田橋にあるKDDIの本社。外観の写真はありませんが,なかなか立派なビルです。

上記の通り100名×2の募集枠でしたが,当日来場したのは150〜160名くらいかな。これって,勉強会としては結構すごい数字だと思います。さすが今一番アツい言語,もとい一番 “””かわいい“”” 言語・Kotlin。

ちなみに私はKotlinが正式リリースされた2016年2月頃から触れ始めて,すでに公開済みのアプリのいくつかはFull Kotlinで書いていたりします。そんなわけで1年半くらいは触っているのでKotlin初心者ってわけではないけど,そんなに深いところまでは知らないかなっていうレベル感。

さてそれでは概要もそこそこに,全4講演を資料を交えながら振り返ることにします。
当日の講演会の中継はここから見られます↓

講演内容

広く浅く語るKotlinの魅力 by 長澤太郎さん(@ngsw_taro

資料公開がまだだったので,上のYoutube中継から資料をご確認ください

日本でKotlinといえば誰を差し置いてもたろうさん。今日の勉強会もトップバッターは当然のように彼。「エバンジェリスト」を自認するだけあってKotlin関係の会で目にしないことの方が少ないですよね。
今回の講演内容は,いわゆる「Kotlinとは」を端的にまとめたような内容。Kotlinに特徴的な「拡張関数」や「data class」についてもしっかり解説があって,さすがにわかりやすかったです。

Android Studio 3.0とKotlin by 深見浩和さん(fkm

資料公開がまだだったので,上のYoutube中継から資料をご確認ください

同様に日本におけるAndroidの重鎮ふかみさん。特に日本Androidの会主催のイベントではいつも登壇くださっている印象があります。スライドも発表もうまくてスゴい方。もちろん技術的な話もね。
さて今回の内容は,Kotlinというよりも,Android Studio 3.0(現在Preview版のみ公開中)の便利な使い方をベースに紹介しつつ,Kotlinも使うともっと便利になるよ,という話でした。
本当に便利な機能が沢山追加されたので,すでにアンドロイダーだけどもAS3.0はまだ使ってないよ,という方は一見の価値ありです!

プラットホーム型について ~Kotlinだって間違えるとnullでハマるよ!~ by 室星亮太さん


今回初めてお会いしましたが,すごく落ち着いて発表される方です。
内容は「(よく「Null安全言語」と言われる)KotlinでもNullPointerExceptionは起きるよ」という,ぱっと見ニッチなテーマですが,聴いてみると内容にしっかりとした芯があって納得感がすごい。
この日一番為になった講演でした。

FRESH! Kotlin Style Guideline by 荒谷光さん


Kotlinはなまじ”色々な書き方”ができるので,コーディング規約を揃えないとチーム開発が大変なことになる,というのは最近よく聞く話です。
ということで今回講演いただいたのは,実際のプロダクトで採用されている「Kotlinらしい書き方」の事例集です。
私はすでにKotlinをそれなりに書いてきているのでアレでしたが,これから書くぞ! って人にはすごく参考になったと思います。

【告知】KotlinのLT大会に登壇します

この日は初めて懇親会に参加したんですが,そこでAndroidの会の方にたろうさんを紹介していただけるチャンスがあり!
頼んでみたら次回8/22(火)開催のKotlin勉強会でLTをやらせていただけることになりました!!
やったーーー!!!
(今まで数回Androidイベントで発表したことはありつつもなかなか勇気が出なかったLT登壇ですが,先日LT発表している大学の同期に刺激を受けたのが効いてたり,なかったり)

登壇予定イベントはこちら。

夏のKotlin LT祭 (2017/08/22 19:30〜)
夏と言えばLT大会! ということで、まったりビール片手にLTしたり聞いたりしましょう! (ソフトドリンクのご用意もあります) ## ライトニングトーク(LT)とは 短時間のプレゼンテーション。 当イベントでは5分間としています。 また、トラディショナル・ルール...

ちょうど今から1ヶ月後くらいなので,今からしっかりと準備をして臨みたいと思います。
恥ずかしいですが,Kotlinに興味ある方は是非来てください!!

また近くなったら記事公開しますー。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京大学大学院修士号(情報理工学)取得。
Androidアプリ開発者6年目。出没地域は映画館,本屋,勉強会。御朱印の集印がマイブーム。今の目標は滋賀県・多賀大社に参拝すること。