鑑賞『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~』

2019/04/28鑑賞。
毎年欠かさず観ている劇しんも,今回で27作目。そりゃあ平成も終わるわけだ。
ちなみに,アニメは昨年からしんのすけの声の出演が変わっており,映画で反映されるのは今作が初。

やはり,「家族愛」を語るにクレヨンしんちゃん(の映画)は欠かせない。
アニメで投影される「理想的な家族像」が,昭和に対しての『サザエさん』であるように,平成にとっては『クレヨンしんちゃん』であった。
令和の時代にまた新しいアニメが萌芽することを期待しつつ,ちょっと寂しくもある平成の終わり。しんのすけ声優の代替わりも併せてちょっと感傷的になるなどした。

感想(ネタバレ含む)を開く

私にとっての劇しんの恒常的な黄金期は14作目の『夕陽のカスカベボーイズ』で一旦終わったつもりだったのだが,そのあとも『オラの花嫁』『ロボとーちゃん』と(数年に一度の)名作が続いてからの今作。
カスカベボーイズ以降はストーリー展開に(SF的に)無茶なものが多かったが,今回はそういうトンデモ設定は抑えめ。大分小振りなストーリーだけど,程よくまとまってて良い映画だったと思う。いつものことながら,クライマックスはちょっと泣きそうになった。

感想を閉じる

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

東大修士(情報理工学;位置情報系機械学習)了。企業にて研究職なう。
Androidアプリ開発者,Flutter勉強中。
出没地域は映画館,本屋,勉強会。御朱印の集印がマイブーム。思い出深い神社は静岡県・伊豆山神社と滋賀県・多賀大社。登山したい。
投資チョットヤッテル。