読了『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』

2020/02/24読了。
前回を踏襲したフォーマットで書いてみる(実はこれ,手書きで書いている「読書帳」のフォーマットである)。

本屋をブラブラしていたら目に止まってつい買ってしまった本。
「ビジネス本」と呼ばれるものは世に数あれど,それらを読み切ることは時間的に難しい。しかして,こういうまとめ方をする本も需要があるのだなーと思った。

ちなみに,既に持ってる本を除いて新たに買おうと思った本が5冊あった。なかなかのヒット率。

感想

50冊もあると,いくら簡易にまとめてくれているとは言え読み切るのは大変。でもとても役に立つ。
面白いのが,本の与える示唆がいくつかの本の主張で被っていること。1つの物事を多角的に見たときの思考の結果が,こうして「研究」の成果として集積しているのは人類の英知そのものだなぁと感じる。

当然,中には主義主張が相反するような本も紹介されている。だけど,それも含めて「なるほどそういう見方もあるのか」と思えるから興味深い。
まだ全部を精査できてはいないのだけど(なにせ50冊もあるので,前半に読んだ紹介は既に結構忘れているのだ),50冊の内いくつかは「これはちゃんと読みたいな」と思える本も見つかった。

キーワード

  • ビジネスのセオリー
  • 戦略
  • 顧客とイノベーション
  • 企業と新規事業
  • マーケティング
  • リーダーシップと組織

引用

p46

アップルパイ(=価値)をつくるときは,相手と協調する。
アップルパイ(=価値)を切り分けるときは,相手と競争する。

p47

「補完的生産者」と「競争相手」

p110

顧客の「片付けたいジョブ」を見つけ,解決策を提供して,「雇用」され成功したのだ。

p211

行動の重視。「やってみよ! ダメなら直せ! 試してみよ!」 Do it, fix it, try it.

p213

戦略成功のカギを握るのはアイデアではなく,実行だ。

p254

企業変革を行う人たちに必要な力はマネジメント能力だけではなく,リーダーシップだ。
リーダーシップとは,「一緒にあの山頂を目指そう」と方向性を決め,メンバーに「行こう」と同期づけて行動させる能力だ。
マネジメントとは,「あの山頂を目指す」ために,計画を作り,備品を調達し,ちゃんと目的地まで到達させる能力だ。

p279

「未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端,腐敗が始まる。」

Share this:

About Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

修士(情報理工学;位置情報系機械学習)了。企業にて研究職なう。 Androidアプリ開発者,Flutter勉強中。 出没地域は映画館,本屋,勉強会。御朱印の集印がマイブーム。思い出深い神社は静岡県・伊豆山神社と滋賀県・多賀大社。登山したい。 投資チョットヤッテル。